炊きたてごはん。

studioryo.exblog.jp

夏のおもてなし

f0204423_222287.jpg
息子が赤ちゃんの頃からよく通っているベーグルやさんがあるのですが
座敷なのでそのままコドモを転がせておけるし、絵本や木のおもちゃなんかも置いてあり
縁側から見るお庭も奇麗で、たいそう居心地良くさせてもらっております。

夏になると、お庭にビニールプールを出してくれて、遊ぶのを眺めながら、
のんびり寛げたりなんか出来ちゃって、それだけでも大層ありがたいのに、
先日行ったら お店の軒先に「どうぞお使いください」と書かれたカゴに
タオルと着替えが…!!
な、なんと…!
着替えは、そのままお持ち帰りください。と…!!感動。ぶるぶる。

普通は、プールを置く。で終わりだと思うけれど(それだけでも大変!)
そこで終わらない、サービス。
私たちは知ってたから、張り切って水着持参で来たけど、知らずに来たお客さんは、
そんな用意してないもんね。
でも、こどもは入りたがるもんね。
お店のお子さんの、古着とゆうことで、お客さんに気も使わせないし…
いやー、凄いなー
勉強になるなー

と、しみじみ感動した夏の一日。

と、もう気がつけば夏も後半戦!なんですね…。
暑い暑い、なんて言ってる間に終わってしまうのは
もったいない。

残りの夏も楽しみましょうー
[PR]
# by studio_ryoko | 2017-08-10 22:33 | つれづれ | Comments(0)

はちみつ

兵庫県小野市の美味しい苺農家さんが、養蜂もされていて。
純粋はちみつ(混ぜ物一切なし!天然100%!)の
ラベルのイラストを依頼して頂きました。
f0204423_17553480.jpg
かなり詳しい指示を頂き、そのままを再現。吞気で平和な仕上がり…。
f0204423_17562520.jpg
ご贈答には、ラッピングのサービスも。
私も購入させて頂きましたが、凄く美味しい!!
まったくクセが無く、さらっとしてるけど濃厚〜〜
毎年、味が変わるそうですが、今年はいい出来らしいです。

興味ある方、ぜひぜひ。
小林農園さん
[PR]
# by studio_ryoko | 2017-07-30 18:04 | イラスト | Comments(0)

恐竜のくにへ 2

さて前回からの続きデス。

恐竜ミュージアムを堪能した一行はホテルに移動。

到着したのは駅近の普通のホテル。なのですが。。
「恐竜ルーム」なるものがあると知人から聞き、
それは泊まらねば!と数ヶ月前に予約したのです。

チェックインを済ませ部屋に入ると…
f0204423_11323488.jpg

壁にフクイサウルスのシルエットが!
ソファにも、テーブルにもあちこちに恐竜(のフィギア)や図鑑が!
備え付けのマグカップまで、フクイサウルス柄!
f0204423_1134355.jpg

そして、テーブルの上には大きな卵が置かれていて…
中を開けると…恐竜のおもちゃが!
「お部屋の恐竜たちはお持ち帰り頂けませんが、これは当館からのプレゼントです」との
メッセージ付き。ありがたや〜〜
「恐竜ルーム」なんて、うっかりすると壁に可愛い恐竜のステッカーを貼ったり、
パステルカラーにしたり…と幼稚園みたいな部屋にしちゃいそうなのに。
博物館同様、落ちついたシックな雰囲気で素敵でした。


そして、この後 夕飯を食べに近くの繁華街へ繰り出したのですが。
まだ。まだ、なのです。

また別の友人からの情報で、福井には駅前に動く恐竜がいると。
ホームにも、改札周辺にもいると。
どうなってるの、福井。そんなになの。そこまでなの。

ではもういっちょ行ってみようか!と駅前に寄ってみると…
f0204423_11435710.jpg
いた〜〜
f0204423_1144142.jpg
でかいのいた〜〜
f0204423_114433100.jpg
フクイラプトル&フクイサウルス!動いてるー。
グオオ……と絶えず鳴き声は聴こえるし、なんだか凄いことになってる、、


ありがとう福井… 
お腹いっぱいだよ、福井…

私も息子が生まれる前までは、恐竜なんてまっったく興味なかったのですが。
知っていくと楽しかったりして。
いま我が家では福井の好感度がかなり上がっております。


ぜひ興味ある方は、堪能しに行ってみてください〜
[PR]
# by studio_ryoko | 2017-06-30 16:43 | | Comments(0)

恐竜のくにへ 1

先日、息子が絶賛ハマり中の恐竜に会うべく
福井県立恐竜博物館へ行ってきました。

行く数日前から、鼻歌まじりで
「フクイ〜♪」「きょうりゅうみゅうじあむ〜♪」と
浮かれる息子。と、父。ついでに母。
調子に乗って、全員恐竜柄のTシャツまで用意する始末。
←Uニクロですが…。

そして当日、神戸から3時間半ほど走り、高速を降りると、遠くまで見渡せる田園風景。
…の中に、突如現れる、まあるい銀色の建物!
まるで山の中に置かれた巨大なタマゴ…みたいなのが
恐竜博物館なのです。
うおお!と、湧き立つ車内!

駐車場までの道中も、大きい化石(にみたてたオブジェ)が土から
見えていたり、恐竜がゴロゴロ置かれていて
何これ、贅沢か!一個分けてよ!←何処に?
…と車内の熱気さらにヒートアップ。

落ち着け、落ち着け〜と冷静を装って館内に入ると、
タマゴの内側は吹き抜けのせいもあって、凄く広々。
その3階の入り口から、一気に地下1階まで
長〜〜いエスカレータで深く深く地中へ降りていき…
両側に化石を眺めながら暗いトンネルを抜け…
すると次第にグォォ‥と低いうなり声が聴こえてきて
広いスペースに出た途端、ティラノサウルスがお出迎え!
f0204423_225063.jpg
わおー。
コレ動くんですけど…細部まですごく精巧にできてて、思わず見入ってしまう。
f0204423_2252995.jpg
貴重であろう様々な恐竜の化石がドーン!ドーン!と惜しみなく展示してあって、圧巻。
館内は結構暗いのですが、恐竜にあたるスポットライトが輝いて、影のコントラストも美しく。
BGMに響く鳴き声が、更に雰囲気を増して。
決してコドモ向けじゃなくて、格好いい空間。

息子も、以前 丹波竜のミュージアムに訪れたときは
ディズニーランドか !ってくらい、ヒャッハー!と興奮して
おりましたが、今回は、しっとりと感慨深げにまわっておりました。


うーん、良かったね〜〜と堪能して博物館を出ると
すぐ隣りに「動く恐竜に会える公園」が新設されたようで
せっかくなので そちらも寄ってみました。
緑が生い茂るコースを歩いて行くと…
f0204423_23114737.jpg
次々現れる恐竜たち!
プテラノドン、トリケラトプス、スピノサウルス…と人気者がどんどん
出て来るので、喜んでまわってました。
この他に、恐竜の滑り台や遊具のエリアもあり、今回はまだ息子が小さいので
やめておきましたが、実際の発掘現場で化石発掘体験のエリアもあるらしく。
まだまだ広がるようです、、また来なきゃね。。

さてこの後、宿に向かうのですが
なんと「恐竜ルーム」のあるホテルなのです。

恐竜興味ない方スミマセンが……
もうお腹いっぱいかもしれませんが……

続く!!
[PR]
# by studio_ryoko | 2017-06-28 23:38 | | Comments(0)

三周年

f0204423_11403987.jpg
先日、息子の3歳の誕生日プレゼントに
手作りの絵本を作りました。
いつも寝る前に話す定番のストーリーなのですが
もともと私が話していたのが、どんどん展開していって
息子オリジナルストーリーになり。
記録にもなるし、いじらずそのままを再現しました。

あらすじは…
大好きな甥っ子と森をお散歩していたら、バイキン島を発見。
幽霊船でわたり、島に渡るとだだんだんに遭遇!
バイキン城に連れて行ってもらい、台所を拝借して腕をふるい
(毎回メニューが変わるのですが、ここでは水餃子)
皆にごちそうする。。
とゆうものです。
f0204423_11525091.jpg
無印の真っ白な絵本に直接描いております〜
f0204423_11533423.jpg
売り物じゃないので、バイキンマンやら、ドキンちゃんやらガンガン出しまくっております〜
誰に見せるものでもないので、間違っても下手でもいいや、
息子だけ喜んでくれたらいいや、と、気楽にのびのび描けて、母も楽しかった。

当日渡して、お父さんが読み聞かすと
初めは「?」と不思議そうにしていましたが
だんだん分かったようで、真剣に聞いていました。
こっちが緊張。
満足頂けたようです。


f0204423_11594262.jpg
今年も一緒に作った だだんだんケーキ!
ローソクに火を灯して消す前に
「誕生日おめでとう。あなたが生まれてきてくれて、嬉しいよ」と言うと
「ぼくも、とーちゃんとかーちゃんがうまれてきてくれて
 とってもうれしいよ」と真っ直ぐな眼で言い返され…
なんだソレ〜〜!泣くわ!!でした。


これからも元気に育っておくれね。
[PR]
# by studio_ryoko | 2017-06-17 12:07 | つれづれ | Comments(0)