炊きたてごはん。

studioryo.exblog.jp

恐竜のくにへ 1

先日、息子が絶賛ハマり中の恐竜に会うべく
福井県立恐竜博物館へ行ってきました。

行く数日前から、鼻歌まじりで
「フクイ〜♪」「きょうりゅうみゅうじあむ〜♪」と
浮かれる息子。と、父。ついでに母。
調子に乗って、全員恐竜柄のTシャツまで用意する始末。
←Uニクロですが…。

そして当日、神戸から3時間半ほど走り、高速を降りると、遠くまで見渡せる田園風景。
…の中に、突如現れる、まあるい銀色の建物!
まるで山の中に置かれた巨大なタマゴ…みたいなのが
恐竜博物館なのです。
うおお!と、湧き立つ車内!

駐車場までの道中も、大きい化石(にみたてたオブジェ)が土から
見えていたり、恐竜がゴロゴロ置かれていて
何これ、贅沢か!一個分けてよ!←何処に?
…と車内の熱気さらにヒートアップ。

落ち着け、落ち着け〜と冷静を装って館内に入ると、
タマゴの内側は吹き抜けのせいもあって、凄く広々。
その3階の入り口から、一気に地下1階まで
長〜〜いエスカレータで深く深く地中へ降りていき…
両側に化石を眺めながら暗いトンネルを抜け…
すると次第にグォォ‥と低いうなり声が聴こえてきて
広いスペースに出た途端、ティラノサウルスがお出迎え!
f0204423_225063.jpg
わおー。
コレ動くんですけど…細部まですごく精巧にできてて、思わず見入ってしまう。
f0204423_2252995.jpg
貴重であろう様々な恐竜の化石がドーン!ドーン!と惜しみなく展示してあって、圧巻。
館内は結構暗いのですが、恐竜にあたるスポットライトが輝いて、影のコントラストも美しく。
BGMに響く鳴き声が、更に雰囲気を増して。
決してコドモ向けじゃなくて、格好いい空間。

息子も、以前 丹波竜のミュージアムに訪れたときは
ディズニーランドか !ってくらい、ヒャッハー!と興奮して
おりましたが、今回は、しっとりと感慨深げにまわっておりました。


うーん、良かったね〜〜と堪能して博物館を出ると
すぐ隣りに「動く恐竜に会える公園」が新設されたようで
せっかくなので そちらも寄ってみました。
緑が生い茂るコースを歩いて行くと…
f0204423_23114737.jpg
次々現れる恐竜たち!
プテラノドン、トリケラトプス、スピノサウルス…と人気者がどんどん
出て来るので、喜んでまわってました。
この他に、恐竜の滑り台や遊具のエリアもあり、今回はまだ息子が小さいので
やめておきましたが、実際の発掘現場で化石発掘体験のエリアもあるらしく。
まだまだ広がるようです、、また来なきゃね。。

さてこの後、宿に向かうのですが
なんと「恐竜ルーム」のあるホテルなのです。

恐竜興味ない方スミマセンが……
もうお腹いっぱいかもしれませんが……

続く!!
[PR]
by studio_ryoko | 2017-06-28 23:38 | | Comments(0)