炊きたてごはん。

studioryo.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

手作り絵本

今年の父の日に、手作りの絵本を贈りました。
f0204423_9362555.jpg
仲良しの二人。
f0204423_937643.jpg
中身こんな感じです。何ページかご紹介。
f0204423_937357.jpg
なんだか、
f0204423_939487.jpg
描いてるうちに
f0204423_9395224.jpg
どんどん
f0204423_940337.jpg
丸くなってしまった。

題名に偽りあり…父はほとんど出てきません。
これじゃ「いつものわたし」です。
まいいか…

これ、本来は写真集を作るための製本キットなのですが、
一冊から気軽に作れるので便利です。
f0204423_12132875.jpg
本人の許可なく勝手に書籍化してゴメンねー
[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-31 09:50 | イラスト | Comments(4)

切手のワンピース

f0204423_12492879.jpg
「面白い生地を見つけたから」と、お義母さんが作ってくれたワンピース。
切手柄!!うわわ!

もちろん先日の絵封筒教室に着て行きました。
張り切りすぎ?張り切りますとも。
ウケましたとも。

うれしやー
[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-29 13:01 | つれづれ | Comments(0)

アンパンマンミュージアム

ちょっと前のことですが、子供連れのお友達に誘われて
ハーバーランドに新しく出来た「アンパンマンミュージアム」に行きました。

あんまりたいしたことない…と聞いてたのですが。
なんで!?めちゃくちゃ楽しい!!と興奮する私。
コドモを押しのける勢い(グッと我慢)で楽しんできました。
f0204423_12275222.jpg
エントランスには…
あっ!ジャムおじさんだー!
f0204423_12281947.jpg
アンパンマン!
f0204423_12283474.jpg
…えっ!?あ、メロンパンナちゃん?
f0204423_12294376.jpg
うわ!!ロッカーかわいいい!バイキンマンの赤ちゃん?がちょっと怖い。
入ってすぐ横にはカフェが……港と観覧車が見える!素敵!
f0204423_12312548.jpg

内装も可愛い!うわー……
f0204423_1232524.jpg

入ってお茶したいけど、なんせ入ったばっかりなので、諦める。

中へ進むと、自由におままごと出来るように、アイスクリーム屋さん、
お寿司やさんなどなどたくさんのお店が建っている。
楽しい〜 色々と、芸が細かい造り!

f0204423_12344749.jpg
壁にサイン発見。

そうこうしてるうちに、アンパンマンショーが始まった!
すごい熱気。立ち見の人でいっぱい。まだかまだかと待ってると…
f0204423_12385748.jpg
きゃあ!アンパンマンさまー!!
確かに感じたカリスマ性。
f0204423_1240732.jpg
教祖さま、のような。
「右頬のパンを食べられたら左頬のパンを差し出しなさい…」

内装が可愛いすぎて…興奮冷めやらぬ私。カラフルなんだけど、色が優しい。
セサミストリートでいう赤・青・黄が、こっちだと朱色・水色・だいだい色…
全体的に柔らかい。
f0204423_12433368.jpg


1階に移動して、ちょっと頭を冷やす。
f0204423_1244978.jpg
あ、バイキン…。

f0204423_12453461.jpg
一階は無料で入れるお店ゾーン。
ドキンちゃんのアクセサリーショップと、バタコさんの手作りショップ
(アンパンマン柄の生地や、キャラクターのボタンなど)が並んでた。
f0204423_12474092.jpg

f0204423_12501178.jpg

消費と生産…なんて対照的な二人!
世の女子は、このどちらかに分けられるのでは?


あー もうちょっといたかった。。けど、人が混み合ってきたので退散。
(子供の付き添いで行ったくせに、立場が逆に。)

ジャムおじさんのパンやさんに寄ってみたけど、ここもすごい行列で
諦めましたー。
f0204423_12553357.jpg
レジで注文すると、お店の人が
釜をあけて、「ジャムおじさんお願いします!」って言うらしい。
聞きたい。


とっても楽しい楽園でした。
子供さんおられる方、ぜひ〜
大人だけでも楽しめるかも。
[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-26 13:22 | つれづれ | Comments(0)

絵封筒教室

23日、神戸山田郵便局での絵封筒教室、
おかげさまで楽しく開催させて頂きました。
郵便局の皆様、一年で一番暑い日(昨日は大暑だったそうです。。)に
お越し頂いた皆様、ありがとうございました!
f0204423_15384569.jpg
郵便局の隣、区役所の大会議室。

今回、過去最多の24名。
キャンセル待ちまで出たそうで…
ありがたいことです。
ほとんど、歩いて来て頂けるご近所の方ばかりでした。
地域密着!いい町です。

子供さんの参加も多くて、あまりの可愛さに胸をうたれました。
作品の写真が撮れなかったのですが…
一番キュンときたのが、雲の上のポストに、いろんな動物が手紙を出しに
きている絵封筒でした。(ポストのイラストの切手を使って)
あんな手紙が届いたら幸せ。
f0204423_15514751.jpg
この女の子はすごく芸術肌だった!
描きたいものがハッキリしてて。
「雲の描き方を教えて欲しい」と言われ、
どんな雲?と聞いたら「海老フライみたいな、まわりがカリカリした雲」
何その具体性!そして、見事「海老フライみたいな雲」を再現していました。
下に描いたのはチューリップです。

f0204423_15553233.jpg
これも子供たちの作品。
涼しそうだし、可愛いし。みんな何も言わなくてもズンズン描き進めて行ってた!

f0204423_15581529.jpg
私の友人も二人、来てくれました。いい感じだ〜 そして妙に上手いのは何故なのー
遠いところありがとう!


無料の会なのに、冷え冷えのドリンクのサービスや、帰り際にお土産
(コドモはお菓子、オトナはポストの貯金箱)まで用意して頂きました…
郵便局さん太っ腹です!ありがとうございました!

帰り際、みなさん帰られたあと片付けをしていたら…
「こんなの置いてましたよ」と。
f0204423_1655467.jpg
ええっ!
うわあああぁぁ(泣き崩れるイメージで)
ちょっとシャイな感じで、話しかけても照れくさそうにしてた…
あのコたちかな〜
ありがとうーー

地域の方々と交流できて新鮮でした。
みなさん、お疲れさまでした!
[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-24 16:21 | 絵封筒 | Comments(5)

朝顔

f0204423_22122359.jpg
7月23日開催予定の絵封筒教室ですが、定員に達しましたので締め切らせていただきます。ありがとうございますー。

5月くらいだったかな?
友達から届いた手紙に、朝顔とフウセンカズラの種が入っていて。
これまた別の友達が子供と遊びに来てくれたときに、撒いてもらいました。
どんどんツルが伸びていって、わくわく。
何色の花が咲くか楽しみー。
[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-19 22:22 | 絵封筒 | Comments(0)

夏!

暑中お見舞い申し上げます。
f0204423_2115790.jpg


あっとゆう間に過ぎる夏。
花火、川遊び、小旅行、浴衣、ビーサン、西瓜…
色々楽しみましょう。

とりあえず、カタチから入るために
風鈴が欲しい。
[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-17 21:22 | イラスト | Comments(2)

かわいい標識

フランスの電車の中で発見した「携帯使用禁止」
f0204423_10135247.jpg

そして「使用OK」
f0204423_101507.jpg

日本と比べて、「カワイイ」標識や看板、いわゆる「ゆるキャラ」なんてのも
皆無なお国柄…なのに、何故かここだけ可愛かった。
「禁止!」って押し付ける雰囲気もなく、やわらか〜。
一文字も使わず、一瞬で意味を理解させる。
うまいなあ〜

これは「猛犬注意!」
かなり危険な状況なのに、ほのぼの。
チラリと見えるお尻がポイント。
f0204423_1018347.jpg

[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-17 10:24 | | Comments(0)

旅つれづれ14 ボンボヤージュ

さて、約2ヶ月に渡って書いてきた旅日記ですが
これで最後のようです。
長らくのお付き合い、ありがとうございましたー!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夢心地でホテルに帰ってきた私たち。
余韻に浸っていたいけど、今夜は必死で荷造りをしなければ。
明日の朝6時に、ホテルへ送迎タクシーが迎えに来てくれるのだ。
フライトが朝早いので、空港まで送ってもらう…
…ん?


ホテル…代わったんだった!!
待ってても誰も来ないよ!
このままではもともと予約してたホテルに行っちゃう!
→私たちいない→「いないものはいない」で帰っちゃう
→流しのタクシーつかまえても空港まで遠距離…いったいいくら
ぼったくられるのか!(イタリアに来てから、今までなかった
怪しげなことがちょこちょこあり…すっかりスレてしまった私たち)
バスや電車じゃ、フライトに間に合うかどうか…。

サー…と血がひく。何度目だ。

もういま夜中だけど、とにかくロビーに行って事情を説明する。
知ってる単語を並べて、頑張る私たち。
なんとか分かってもらえたようで、送迎車の会社へ連絡してくれる。
でも、夜中なので誰も出ない…
今度は前のホテルに連絡。
向こうのスタッフに事情を話して、明日送迎車が来たらこっちの
ホテルに向かってもらうように伝えてくれたー

ほっ…。
でも明日の朝になってみないと本当に来てくれるかどうか…
(疑心暗鬼。笑)

とにかく荷造りをすませて、就寝。


朝、ロビーで待ってると…
来てくれた!良かった!信じてたよ!(嘘を付け)
昨夜お世話になったフロントのお兄さんにもお礼を言って
ホテルをあとにする。
さようならジェニオ…
f0204423_932850.jpg
縁あって送り込まれ?逆に愛着が湧いてしまったジェニオ。

余韻もへったくれもなくなってしまったけど、バタバタと空港へ。
ローマ〜パリ経由で日本に帰る。
パリまでの飛行機で、夫が何やら嬉しそう。
何だ何だ?と振り返ると…
斜め後ろの席のお姉さんの膝のうえにヨークシャーテリアが!
キャリーバックにちょこんと入って大人しくしてる。
一緒に乗っていいんだ!かわいい。
たまに空港の中で、普通に犬を散歩させてる人を見かけて
一体あれはどうゆうことだろ?と思っていたけど…
謎が解けた。新幹線みたいなノリだなあ。
f0204423_9445987.jpg
イタリアの会社、アリタリア航空


パリの空港に到着。
飛行機を降り、通路を通ると…
ガラっと、その場の雰囲気が変わった。
一気に、人も空気もソフト!ほわ〜っ

空港内のカフェで、キッシュを食べ納め。
あー、落ち着く…この静けさ。
なんだろう、私は旅立つ前、絶対フランスよりイタリアの方が
合うだろうな、と思っていたけど…
年齢のせいなのか?フランスの方がホッと落ち着けた。
もし学生の頃なら、活気のあるイタリアの方が好きだったかも?
イタリアとゆってもローマしか行ってないので
もっと違う都市にいったら違うのかもしれないけど。
パリは京都、しかも左京区、白川通り、百万遍の辺り。
ローマは大阪、キタじゃなくてミナミの方。
なイメージ。気さくで食べ物が安くて旨い、感じが。
勝手な見解ですが。いや偏見かも?
何でも実際に見てみないと分からないものだなあ。

エールフランスに乗り込み、帰路。
無事に乗れてやれやれ。
機内食で、和食と洋食を選べるのだけど、日本食が全然恋しくならず
洋食を選ぶ。まだまだ食べ足りない感じだね〜と生意気に言っていたけど、
その後日本に帰って、「みそ汁・ごはん・漬け物」を作って食べたら
めちゃ美味しく感じて、美味しいとゆうより体全体が欲してるとゆうか…
体内の細胞が「ダシをもっと!!」とぐんぐん吸収していくのを感じた。
もっと!もっとダシを!!ニボシ!カツオ!醤油!みそ!
そして、それまでハイテンションで割と元気だったのに、
食べ終わると同時にフッと電源が切れたように、どっぷりと寝た。
ソウルフードの威力…。


そんなこんなの珍道中。
いかがでしたでしょうか。
色々と情けないエピソード、わざわざ披露しなくても…と思いつつ、
少しでも楽しんでもらえたら、報われます。
もしこの先旅行される方がいたら、どうぞ参考に…
ならないか。

旅って行ってるときはもちろんだけど
旅行前の準備と、帰ってから写真を現像したり、
こうやって旅日記を綴ったり…が一番面白いのかもしれない。

また日記に書ききれなかった小ネタを、少しづつ更新しますね。

気がつけばもう夏…
みなさんも素敵な旅を!
[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-10 10:49 | | Comments(4)

絵封筒教室のお知らせ

f0204423_13293447.jpg

今月23日、郵便局で絵封筒教室を開催させていただきます。

なんと今回、郵便局さんのご協力で参加費無料です!
切手も豊富です…郵便局ですので!
車じゃないと行きづらい場所なのですが。。
お近くの方、ぜひご参加ください。

素敵な夏のお便りを出しましょう〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時 2013年7月23日(火) 13時〜15時
場所 北区役所山田連絡所第1会議室(神戸山田郵便局の北隣)
費用 無料 ※当日切手を購入される場合、切手代を頂戴いたします。
お持ちの切手で使用したいものがあれば、ぜひご持参ください。
その他材料は、こちらでご用意致します。

お申し込みは… 山田郵便局までご連絡ください。
        <078-581-1212 担当・宮本>

満席になりましたので、締め切らせて頂きます。ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-06 13:42 | イベント・お知らせ | Comments(2)

旅つれづれ13 ゆけゆけ

さて、本日は観光最終日。

ホテルのロビーに集まった合唱団のみなさんと、ヴァチカンに向かう。
午前中雨だったのに気がつけば、すっかり快晴!
f0204423_1283546.jpg
さっきまで寒かったのに太陽が照りだすと暑い!
(そして帽子売りのおじさんが湧き出て来る)

「関係者」のパスを首から下げて、裏口から入国。
そう、ここはイタリアでなくヴァチカン。独立国家なのだ。
ドキドキと、サン・ピエトロ大聖堂の中に入る。
f0204423_1272423.jpg
f0204423_12131875.jpg
細かい装飾が隅々までほどこされている。
このあと上に登らせてもらったら、下からまったく見えないのに
天井のまわり360度、すべてモザイク画がで埋まっていた!
f0204423_12143634.jpg
普段まったく見えないのに!(しつこい)
モザイクのグラデーションは、埋めてから塗るのではなく
微妙に違う色の石を埋めているんだって。
気が遠くなる作業…
イタリア人って雑じゃないんだ…
と失礼なことを思いながら感心して眺める。

このあと、大聖堂上部のクーポレとゆう展望台へ。
エレベーターで登れるから楽チン〜と思いきや、
着いたところは登り口にすぎなかった…
そこから階段を延々とのぼる。
屋根が半円になってるので、登れば登る程
壁がせまってきて、道幅がせまくなっていく。
f0204423_12224150.jpg

体を斜めに傾けながら、ぜいぜいと息を切らし、
国境を越えてみんな辛そうな様子…。
おじいちゃんとか、知らずに登ったら大変なことになりそう。
やめたくても引き返せないし(後ろからどんどん来る)
産道を通るようにして、せまい通路を上へ上へ登ると…

やっと出口!登った!とゆうより、出たー!!
青空と、眼下に広がるローマ市内。気持ちいいー
f0204423_1226089.jpg


ぜいぜいと、また降りていく。山か。
これから両親たちは本番が待ってるのに大丈夫!?という感じ。

そして始まるミサ。
大聖堂の中に世界中から集まった、信者さんたち。
今年はヴァチカン500年祭なので気迫が違うのでは。
私と夫は撮影班として、お仕事。
立派に歌うみなさんをしっかりカメラにおさめなくては!
個人的な撮影は禁止なので、代わりにそのときの様子を
帰国後描いたので載せます。小さくて見えないかもですが…
f0204423_1239785.jpg


歌は、ほんとに感動しました。
日本から遠く離れた異国の地で、たくさんの人に見守られながら
響き渡る日本語の歌詞…なんとも言えない気持ち。
特に最後の曲「遠く地の果てまで」がすごく伸びやかで、みなさんいい顔!
ファインダー越しに喜びや、いろんな思いが伝わってきて…ああもう泣きそう!
でも写真撮らなきゃ!ああしかし!と、一人あわあわしてました。
この曲のフレーズ「ゆけ〜 ゆけ〜」がしばらく脳内を巡ってました。


現地の方から沢山の拍手をもらい、幸せな余韻に包まれながら
近くのレストランに移動して、打ち上げパーティ!
私らまで、まるで何か大きなことを成し得たような錯覚におちいり
清々しく、乾杯!!お疲れさまー!!
会場はイタリア民謡「カンツォーネ」を歌ってくれるレストラン。
f0204423_12571919.jpg

地下にある店内で、ぎゅうぎゅうに座った私たちの
あちらこちらから歌い手さんが表れ、腹から声を出すとは
こうゆうことだーっ!!
とゆうような声量でカンツォーネを披露してくれた!
あっちから歌い、それをうけてこっちから歌い、
すごい迫力!おもしろーーい。地声でこんな!
そして、顔がおもしろーーい。
顔の筋肉がすごいのか、コロッケさんのように顔のパーツが
動く、動く。
ディズニーのアニメってデフォルメして描いてあると思ってたけど、
あのまま… いや、もっとかも。
f0204423_133158.jpg

真ん中にあった口が、瞬時に顔のはしっこまで移動!
おもしろい〜
(歌を聴け)
「日本昔ばなし顔」とえらい違いだ。
でこぼこな立体顔に目が釘付け。

そして最後はもちろん、我らが合唱団のみなさんも、
今日披露した曲を再び歌ってくれました!
f0204423_1362611.jpg

みんな立ち上がり、狭い空間に響く歌と熱気。
ああ歌っていいなあ〜
歌えるっていいな。


とっても楽しい晩餐も終わり、最後に両親のホテルへ戻り、
ロビーでしばらく感動を伝え合いました。
ここで会えてほんとに良かった!ありがとう!と
握手を交わし、またほんとによかった!と繰り返すこと数回。
エンドレスリピート。

ここから私たちのホテルまで歩いて帰れる距離だったので
ホテルの玄関から、見えなくなるまで見送ってくれた。
心にとめておきたい景色。
f0204423_1423386.jpg
ありがとう〜

さて、これから荷造りをして、明日の朝には空港へ…。
名残惜しすぎる。

ありがとうフランス、ありがとうローマ…。
嬉しくも寂しい夜。
歌声がまだ頭の中をこだましてました。
[PR]
by studio_ryoko | 2013-07-02 14:06 | | Comments(0)