人気ブログランキング |

イラストレーター かみやりょうこの平凡な毎日


by studio_ryoko

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

f0204423_921093.jpg

世の中には、賢くて意地悪そうなカラスと
ほのぼのと愛嬌のあるカラスがいる。
このカラスはずーっと芝生を散歩してて可愛かった。ひょこひょこと。
だいたい、飛ばない鳥って多いけど、あれは一体どうゆうことか。
セキレイなんていつ見ても走ってる。駐車場なんかをすごい早さで。
人が来たら、タカタカタカターー!…飛べ。
(鳩もよく横断歩道付近を走ってる。いや、歩いてる。…飛べ。)

関係ない話でした。

先日、ずっと気になってた「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」行ってきました。
東京で行われてたりして、なかなか行く機会がなかったのだけど、
たまたま近所の施設で開催されたので。
何をするかというと、真っ暗闇のなか、ただ歩いたりするだけなのです。
純度100%のまっくら。顔の前で手をかざしても見えない。
杖を持ち、初対面の人と8人くらいでチームになり、視覚障害の方が一人
アシストをしてくれます。
この暗闇に入る前、緊張と不安と最近で一番大きなワクワク感で胸が高鳴る。
怖い!なんで?というくらい。
すぐ隣の人が立ってるのか座ってるのか全く分からず
危ないので、全部口で言う。
「○○(名前)、立ってます!」「しゃがみまーす」「先に行きます」
さっきまで目を合わせるのもためらいがちな初対面の方々と
かつて無いスピードで急接近。触れる、しゃべる、笑う。
時間がたつと、怖さがなくなり、子供みたいに無邪気になって、
暗闇でブランコに乗ったり(座るだけで一苦労)
ジュースやお菓子を頂いたり(ストローさすだけで大変)
「食べます」「美味しい〜」「座ります」「どんぐり見つけた!」
すべて報告する大人たち。幼稚園児か。

歩くのもままならない私たちと変わって、アシストしてくれた方は
杖も持たず、ジュースを乗せたお盆を持ったまま暗闇をスタスター。
困ったら、すぐ呼ぶと、即座に助けてくれる。明るく頼もしい。
普段の生活と逆転する立場。
あっとゆう間に終了。最後は、出たくなかった。

すごく楽しかった。
なんか、すごく笑って、いきいきした。
明るく生きるしかないなー、と思わされた。
ワインを飲んだりするコースもあるみたい。
種まきや、書道なんかも!面白そう。

この春、大阪にも会場が出来るみたいなので、
興味ある方ぜひぜひ!

体験者の声で、子供が書いた感想が印象的だった。
アンケート用紙に一行だけ。
「目がみえないことは不幸せじゃないことが分かった」




ダイアログ・イン・ザ・ダーク
Commented by マーロン at 2013-03-28 23:07 x
すごい面白そう!今度連れてって!!

>「目がみえないことは不幸せじゃないことが分かった」
そうだよね、私たちは自分の価値観で判断してしまうけど
そんなの決めつけてしまうことがおかしいかもね。
時々、子どもの発言にハッとすることがあるよ。

暖かくなったら、こっちに遊びにおいで〜
着物きて、お茶会とかしたい〜。
Commented by JiJi at 2013-03-29 12:56 x
実は、わたくしカラスが好きで
生まれ変われるとしたら猫かカラスと思っております

どちらもマイペースで自由でワガママで憧れですね(笑)

私の部屋から見えるアカシヤの木に、カラスが巣作りしています
洗濯物干し針金ハンガーをはいしゃくして巣作りするようで、この間それが原因で電車が止まって大変な事になってましたね

Commented by おいめぐ at 2013-03-30 22:09 x
ダイアログ・イン・ザ・ダークとは違う趣旨かもだけど
4年くらい前に直島のアート企画展で
真っ暗闇のなか歩くってのがあって参加したことあるよー。

なんかすっごく不思議な感覚だよね。
地面が見えないと足が変にふわふわするし。。

わたしもチェックしてみま~す
Commented by studio_ryoko at 2013-04-02 20:06
マーロンさんお久しぶりー♪
ほんとおすすめで、また行きたいので是非!
そちらにも遊びに行くよ~ 着物きよう!

ジジさん そうですよね、カラスお好きでしたよね!笑
自由でたくましい感じが良いんですかね。
そうそう、そのニュースびっくりしました。
ハンガーって便利なんですね(そこ!?)

おいめぐ おー、暗闇ブーム?
直島まだ行ったことないので、行きたいなあ。
瀬戸内めぐりしたいね~
by studio_ryoko | 2013-03-28 10:24 | つれづれ | Comments(4)